N-WGNの、オシャレなエクステリアを徹底紹介!

N-WGNが街で走っているのを、ふと見かけて、「ん?今の車、なんだかオシャレだったけど…」と気になった事がある方も、おられるのではないでしょうか?あるいは、「さっきの軽自動車、なんだかカッコ良かったなぁ」と思って調べてみたら、N-WGNだった!という方もおられるかもしれません。

そんなN-WGNの、オシャレで洗練されたエクステリアについて、今回はご紹介をさせていただきたいと思います。

N-WGNのエクステリア、まずはスタイリングをチェック

N-WGNは、その名前の通り、ワゴンタイプの車ですが、ワゴンタイプのスタイリングって、一歩間違えると、なんだか不格好なハコが走っているだけのような印象になってしまいますよね。

そうなると、「どうぜハコが走るようなスタイリングになるんだったら、最初からワゴンタイプの方が良い」となってしまいます。ですので、エクステリアをチェックする際、まずはスタイリングを見るという方も、多いのではないでしょうか?

特に、ワゴンタイプを選ぶポイントの一つでもある「広い室内空間と、カッコ良いフォルムの両立」というのは、要チェックですよね!

 さらに洗練された、 N-WGNのスタイリング

N-WGNのスタリングはもともと洗練されていましたが、特に201669日のマイナーチェンジでは、コンビネーショングリルがボディーと同じ色のメッキ仕上げになるなど、「質感のアップ」も施されています。

最近のHONDAは、マイナーチェンジで装備品を充実されるなど、軽自動車にチカラを入れていると言われていますが、メッキパーツを増やすなど、質感の向上が施されたN-WGNのエクステリアは、そんな最近のHONDAの軽自動車に対する取り組みが、分かりやすく目に見えるモノと言ってもいいかもしれませんね。

 

N-WGNのエクステリア、気になるカラーバリエーションは?

N-WGNのエクステリア、次の要チェックポイントは、カラーバリエーションです。やっぱり車選びをする上で、カラーバリエーションは重要ですよね。一昔前なら、だれかれ構わず白・黒・シルバーのどれかしか選ばない!というイメージでしたが、最近は街でも、いろいろなカラーリングの車を見かけます。

そんな気になる N-WGNのカラーバリエーション。201669日のマイナーチェンジの際に5色が追加され、計12色となっています。

N-WGNのカラーバリエーションは全12

  • プレミアムホワイト・パールⅡ
  • クリスタルブラック・パール
  • ブリティッシュグリーン・パール
  • ブリリアントスポーティブルー・メタリック
  • シャインニンググレー・メタリック
  • プレミアムベルベットパープル・パール
  • ミラノレッド
  • タフタホワイトⅡ
  • ルナシルバー・メタリック
  • プレミアムピンク・パール
  • プレミアムディープモカ・パール
  • プレミアムアイボリー・パール

201669日のN-WGNのマイナーチェンジで追加されたのは、ホワイト系、シルバー系、グレー系、ブラック系、グリーン系です。

N-WGNのエクステリアをチェックされている方にとって、カラーリングは本当に重要ですよね。同じ装備品、同じグレード、同じ年式なのに、カラーが違うだけで車の印象は大きく変わります。

特にマイナーチェンジ後は、メッキパーツが増えたこともありますので、単純に、ホワイトにするかブラックにするかでも、まったく車の印象が変わってしまいます。

そんな中でN-WGNは、軽自動車なのに、12色のカラーから選べますので、嬉しいポイントの一つではないかと思います。

 

 N-WGNのエクステリア、フェイス周りにも変更あり!

201669日のマイナーチェンジで、N-WGNのエクステリアについては、スタイリングとカラーリングの他に、フェイス周りについても変更点がありました。男性はもちろん、女性にも親しみやすいデザインで、なおかつ洗練された上質なイメージを求めてのマイナーチェンジということですが、やはり「車の顔」って大事ですよね。

そんな車にとって大切な「顔」については、メッキパーツを中心とした「質感」がテーマになっていると言っても良いでしょう。

N-WGNのフェイス周りの変更点

まずはアッパーグリルですね。フィンタイプのカバーが、ボディカラーと同じカラーリングになったことで、少し柔らかく、なおかつ洗練された印象になったのではないかと思います。

HONDAの公式ページで、カラーリングをチェックできるページがありますが、アッパーグリルがボディカラーと同じというのは、とてもオシャレで洗練された印象を与えつつ、優しいイメージもありますので、男性であっても女性であっても、親しみやすいのではないかなと思います。

もう一つ、N-WGNのフェイス周りの印象を変えたのが、ヘッドライト上のLEDイルミネーションレンズですね。このLEDイルミネーション…特にヘッドライト上のイルミネーションレンズは、車の顔の印象を大きく左右します。

エクステリアをチェックした時、おそらく「パッと目に飛び込んでくる部分」の一つではないかと思いますが、そんなヘッドライト上のLEDイルミネーションレンズが、ブルーからクリアへと変更になっています。

 

まとめ

N-WGNのエクステリアについて、スタイリングやカラーリング、そしてフェイス周りについてご紹介をいたしましたが、いかがでしたでしょうか?今や軽自動車にも、洗練されたスタイリッシュさや、オシャレ感が求められる時代です。

そんな中でN-WGNのエクステリアは、街で見かけた時に思わず「お?」と振り向いてしまうような、オシャレで洗練されたエクステリアになっているのではないかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です