N-WGN、今の時代にバッチリ合っているインテリアをご紹介

N-WGNのインテリアは、その車のジャンルが「軽トールワゴン」と呼ばれているイメージの通り、高さについて、とても広々とした印象を受けるインテリアとなっています。

N-WGNのような車は、一般的には「軽ワゴン」と呼ばれることの方が多いと思うのですが、「高さがありますよ!」ということで、英語の「Tall(丈が高い、という意味)」を付けた「軽トールワゴン」というジャンル名が付けられているんですね。

ちなみにですが、 N-WGNと同じシリーズの車に、「N-BOX」という軽自動車もあります。この、ワゴンとボックスの違いですが、ボックスというのはその名の通り、まるで箱が走っているような印象を受けるカタチになっています。

つまり、積載容量がとても大きかったりと、デザイン性よりも積載量という機能を重視したモデルだと言えます。それに対してワゴンというのは、乗り心地やデザイン性も重視しつつ、空間にも余裕があるという、バランスを重視したモデルだと言えますね。

そんな、インテリアのデザインもオシャレで、なおかつ高さに余裕があって広々とした印象を受ける N-WGNのインテリア。まずは運転席の部分から順番にチェックをしていきましょう!

N-WGNのインテリア、インパネ周りからチェック

N-WGNのインパネ周りをご紹介する上で、やっぱり最初に書きたいのが「インパネシフト」です。インパネシフトというのは、シフトレバーがハンドルのすぐ左隣の、インパネ部分に設置してあるモデルのことです。

なぜこれを最初にご紹介したかったのかと言うと、やっぱり軽自動車というのは、いくら室内が広いと言っても、横幅には法律で定められた限界があります。だからこそ、高さによって余裕を作るという方向性になるんですね。

それと同時に、法律で定められた幅の範囲内で、いかに広さを演出するかも、大事になってきます。インパネシフトは、まさにそんな、限られた幅を有効に活用するためのアイデアです。通常は、運転席と助手席の間にあるシフトレバーが、ハンドルの隣に移動したことで、横幅にも余裕が生まれたという事ですね!

N-WGNのインテリア、シート周りはどうなっている?

次にご紹介したい N-WGNのインテリアは、シートです。男性はもちろんですが、特に女性は、座り心地について、こだわる方が少なくありません。

振動が強かったり、シートが硬くて痛い車は、どうしても避けられてしまいます。 N-WGNのシートは、前列も後列も、ゆったりとくつろげるシートデザインとなっており、足元も広々として余裕があります。ワゴンタイプで頭上に余裕があるのも、やっぱりポイントですよね。

物理的に余裕があるのはもちろん、「頭上が広い」というのは、精神的にもリラックスできます。

小さな子どもがいても安心、N-WGNのシート

N-WGNのシートは、「センタータンクレイアウト」という、ガソリンタンクを前列シートの下に格納する、特許技術を駆使し、とても広々とした足元の空間の広さを実現しています。

子どもさんがおられる方ならお分かりかもしれませんが、足元が狭くて窮屈な車は、チャイルドシートに子供を乗せたり、降ろしたりするときに、本当に大変なんですよね。それを考えると、 N-WGNのインテリアは、特許技術の駆使などによって足元が広く、小さな子どもがいても安心なシートで残となっています。

 

N-WGNのインテリア、カラーリングもチェック!

N-WGNのインテリア、カラーリングは3種類から選べるようになっています。

  • インテリア=ベージュ×シート=ベージュ
  • インテリア=ベージュ×シート=ブラウン
  • インテリア=ブラック×シート=ブラック

オシャレなポイントを一つあげるとすると、ハンドルのカラーリングが、シートのカラーと同じになるという点ですね。シートがブラウンのパターンを選ぶと、ハンドルもブラウン、シートがベージュのパターンを選ぶと、ハンドルもベージュ、という事になるのですが、これがとてもオシャレですね!

N-WGNのインテリア、積載容量は?

ワゴンタイプの特徴の一つでもある積載容量。これはやっぱり数字で書くよりも、実際に「積み込む具体的なモノ」でチェックするのが、分かりやすいのではないでしょうか?

たとえば折りたたんだ状態のA型のベビーカーであれば、荷台の底床を外してしまう事で、そのまま縦に収納ができます。しかもただ収納ができるだけではありません。後列シートを一番、後ろまで下げた状態で収納が可能となっており、高さが80cm程度のベビーカーであれば、後ろの視界を遮らない状態で積み込めるようになっています。

さらに、後列シートを倒してしまえば、一人がけのソファーがすっぽりと収まってしまうほどの容量を持っています。小さな子どもを助手席に乗せて、お買い物へ行かれる際、中にはまとめ買いをされる方もおられるかもしれませんが、全く問題なく、荷物を積み込めるのではないでしょうか。

 N-WGNのインテリア、室内装備をご紹介

さて最後は、N-WGNのインテリアに設置された室内装備をチェックしてみましょう。男性だけではなく、女性やファミリー層向けにも工夫された室内装備は、便利で気遣いにあふれたものばかりとなっています。たとえば、傘や靴など、ちょっとしたものを収納できる、「リアシートアンダートレイ」。

これは、後列シートの下に、傘や靴といったものを収納できるトレイが設置してあるのです。こういったのはとても嬉しいですよね。傘は特に、困る方も多いのではないかと思いますので、役立つ装備ではないでしょうか。

女性はもちろん、男性にも嬉しいN-WGNの室内装備

その他、用途に応じて変化を付けられるトレイや、メッシュ素材のシートバックアッパーポケット、コンビニフックや、いくつも設置されたポケット系の装備は、女性にはもちろん、男性にとっても嬉しい装備ですよね。

 

まとめ

N-WGNのインテリアをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?ただ単なる広さだけでもなく、ただ単なる収納力だけでもなく、あくまで、「広さ」と「使いやすさ」の両方をバランスよく備えた N-WGNのインテリア。ぜひ、ご自身の手と目でも、チェックしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です